関西全域でインフルエンザが警報レベルに

(NHKニュースから:リンクはこちら)

本日、大阪府内でインフルエンザの定点あたり報告数が36.8となり、警報レベルの30を超えました。また関西各地でも警報レベルとなっています。ここ1カ月程度は警報レベルが続くと思われます(大阪府における警報レベルの持続期間は、2016年が5週、2017年が2週、2018年が4週でした)。学級閉鎖も急増していますが、現時点で枚方市内ではくずは・長尾・津田地区に目立っており、今後、山之上・香里ケ丘地区にも広がるものと思われます。当院の病児保育室の利用児も昨日・今日と全員がインフルエンザのお子様でした。

 

枚方市香里ケ丘の小児科 保坂小児クリニック