感染症情報2024年第12週

2024-03-28 感染症情報:更新しました

今週の、「大阪府感染情報センター」の報告から(3/18~3/24)、北河内地区の定点医療機関から報告数の多い一般感染症(インフルエンザ・コロナ含まず)は以下の順でした。

①感染性胃腸炎 ②溶連菌感染症 ③RSウイルス感染症

 

先週から順位は同じでした。報告数自体は、感染性胃腸炎は減少(176→153人)、溶連菌感染症は横ばい(101→100人)でしたが、RSウイルス感染症の増加トレンドは続いています(70→81人)。

インフルエンザ、新型コロはいずれも減少しました。

 

当院の状況ですが、今週3/25月~3/128木曜までで、RSウイルス感染症11人、溶連菌感染症8人、感染性胃腸炎6人、ヒトメタウイルス感染症4人、インフルエンザ3人(A型0人、B型3人)、新型コロナ2人、でした。引き続きRSウイルス感染症が多い状況です。