6月10日から当院の受診の手順を変更します

去年5月、新型コロナが5類感染症への位置づけとなり社会経済活動の制限がほぼなくなりましたが、多くの医療現場では、発熱患者に対する、空間的時間的に隔離してのコロナ検査・診療体制は継続されてきました。一方この1年間、コロナは小さな流行を繰り返していますが、子どもや一般成人が重症化することはほぼなくなりました。100年に1度レベルの世界的パンデミックを引き起こした「新型」コロナは、その出現(2019年末)から4年以上経過し、事実上、従来からある軽症風邪コロナウイルスの仲間入りをした、と考えています。これは、2009年に発生した「新型インフルエンザウイルス」が、1年以内に「季節性インフルエンザ」に変化した状況と似ています。そこで、当院での受診手順を週明け6月10日から変更することとしました(コロナ以前の診療体制にほぼ戻します)。具体的には、

 

1.まずはこれまで通り、毎朝7時からのウェブ予約(リンク)、または予約専用ダイヤル050-5840-5703で診察予約をお取りください(当院が初めての方も予約可能です、予約枠の上限あります)。

 

2.発熱ある場合の事前の電話連絡は不要です(病児保育利用希望の場合も、病児保育室への電話連絡は不要)。そのままウェブ予約の順番に従って来院し、窓口で受付をして、院内待合でお待ちください。順にお呼びします。

※車で来院の方は、万代前または市役所支所裏のタイムズ駐車場をご利用ください(当院受診で90分まで無料)。当院前の駐車スペースは、多くのこどもが行き来する場所でもあり、接触や衝突事故防止のためなるべく避けてください。

※※タイムズ駐車場の混雑状況はこちらから確認できます(リンク)

 

 

3.診察室で診察した後、必要と判断した場合のみ、診察室内でコロナ検査含めた感染症の検査をします。コロナ陽性の場合は別スペースにご案内します。

※ただし、病児保育利用希望の場合は、必ずコロナ検査を受けていただきます(他院でのコロナ検査陰性の方は、必ず他院から渡された検査結果書面または写真を提示してください)コロナ陽性の場合は、病児保育のご利用はできません。

 

以上です。

コロナ陽性児の病児保育ご利用については、引き続き検討し、利用可能となれば、改めてご案内します。

 

枚方市香里ケ丘の小児科 保坂小児クリニック