当院で予防接種(ワクチン)をご希望される方は、以下の内容をご理解してから申し込みください。不明な点があれば、直接窓口または電話 072-854-0413 でご相談ください。

ワクチン接種日は、火曜午前診・午後診、金曜午前診・午後診、土曜午前診です。

 

当院で行う主な予防接種(ワクチン)

定期接種(該当年齢に受ければ無料なもの):

ヒブ 肺炎球菌 B型肝炎 四種混合 BCG MR(麻疹・風疹混合) 水痘(みずぼうそう) 日本脳炎 子宮頸がん

 

任意接種(有料だが是非受けておいてほしいもの):

ロタウイルス おたふくかぜ(ムンプス) B型肝炎(1歳以上) インフルエンザ


当院でお勧めする予防接種スケジュール(出生~小学校入学前)

  • 2か月:ヒブ(1回目) 肺炎球菌(1) B型肝炎(1) ロタウイルス(1)
  • 3か月:ヒブ(2回目) 肺炎球菌(2) B型肝炎(2) 4種混合(1) ロタウイルス(2)
  • 4ヶ月:ヒブ(3回目) 肺炎球菌(3) 4種混合(2)
  • 5か月:4種混合(3回目) BCG
  • 7か月~:B型肝炎(3回目)(1歳に達するまでに3回目完了してください)
  • 1歳:MR(1回目) 水痘(1) おたふくかぜ(1)
  • 1歳1か月:ヒブ(4回目) 肺炎球菌(4)(1歳すぐのMR等と一緒に同時接種も可能、希望あれば対応します)
  • 1歳6か月:4種混合(4回目) 水痘(2) 
  • 3歳:日本脳炎(1回目、1か月後2回目)(日本脳炎は生後6か月以後から定期接種として可能、希望あれば対応します)
  • 4歳:日本脳炎(3回目)
  • 年長児(4月~翌年3月末):MR(2回目) おたふくかぜ(2) 

小学校入学後の定期予防接種

  • 9歳~(12歳末まで):日本脳炎(4回目)
  • 11歳~(12歳末まで):2種混合(1回接種)
  • 小学6年の4月~(高校1年の3月末まで):子宮頸がんワクチン(3回接種)

*日本脳炎ワクチンは、生年月日により特例対象が設定されています。

  1. 平成7年4月2日~平成19年4月1日の誕生日の方:20歳に達するまで、4回の接種が全て無料
  2.  平成19年4月2日~平成21年10月1日の誕生日の方:9歳以上13歳未満の間に、4回の接種が全て無料

当院の予防接種に対する考え方

まず、お手元にあるお子様の母子手帳を広げてください。予防接種の欄には、たくさんの項目が並んでいます。平成25年度以後のお子さまの母子手帳には、B型肝炎やロタウイルス、子宮頸がんの項目もあります。当院では、母子手帳に項目があるすべてのワクチンは、定期接種かどうかにかかわらず、全て子どもにとって大切で必要なワクチンであると考えています。外来では、「母子手帳にある全ての項目の空白を埋めるように接種してください!」と説明しています。

 

現代は多くのワクチンが必要で、また各ワクチンは接種年齢・時期が個別に決まっており、きちんと予定を立てて効率よく接種していく必要があります。そのため、当院では、できる限り「同時接種」をお勧めしています。同時接種のメリットとして、「接種もれを防ぐ」「病気の予防効果を早期に得られる」「親の時間的経済的負担を軽減できる」、などたくさんあります。また日本小児科学会(日本の小児科医のほとんどが加盟する学術団体)も、同時接種でリスクが高まることはないとし、「ワクチンの同時接種は、日本の子供たちをワクチンで予防できる病気から守るために必要な医療行為である」と明記しています(リンクはこちら)

 

ときどき、「一度にたくさん注射をするなんて赤ちゃんがかわいそう」という方がいますが、本当にそうでしょうか?ほとんどの赤ちゃんは1回きりの注射でも泣いてしまいます。同時接種はその1回泣いている間にいくつかのワクチンを素早く完了します。完了後に泣き止むまでの時間は変わらないので、別々に接種して毎回泣かれるのに比べたら、同時接種ははるかに赤ちゃんにやさしい方法だと考えています。もちろん、その上で、「1本ずつ」とか「2本まで」等のご希望があれば対応します。


予防接種(ワクチン)に関するリンク集

(1)   予防接種の詳しい解説・スケジュール全般の説明

 

(2)予防接種の予定を自動で作成し通知するスマホアプリのご紹介

 実際に、全てのワクチンを順序よく効率よく受けるのは結構大変です。特に働く親の場合はつい後回しになってしまうこともあります。最近は、生年月日を入力すると予防接種の予定を自動で作成し、接種時期が近づくと自動で通知がくる便利な機能を備えたスマホアプリがいくつかあります。このようなアプリを以下に紹介します。