ブログカテゴリ:最新トピックス



2019/09/29
(厚労省HPから:リンクはこちら)...
2019/07/29
(日本医師会HPから:リンクはこちら)...
2019/05/05
(時事ドットコムニュースから:リンクはこちら)...
2019/03/31
(あべのハルカスHPから:リンクはこちら) あべのハルカスにおける、2月上旬から始まったはしか騒動が約2か月を経てようやく終結しました。大阪府下のはしかの全患者は100人超ですが、うち約1/4の25人がハルカスの従業員・客でした(大阪市HPより:リンクはこちら)。...
2019/03/07
本日更新された大阪府の麻しん情報によると、1月からの累計が102例となり、3桁の大台を突破しました。これは年間394例が発症した2008年以来です。他の都府県に比べると圧倒的に多いですが、今週の麻疹の報告数は7例で、この3週間では徐々に減少傾向にあり(28→13→7例)、一旦は落ち着きつつあるようです。一方で気になるのは、風疹の今週の報告数が15例と今年の最高値となっていることで、この3週間でも増加傾向が顕著です(5→12→15例)。風疹は妊婦がかかると赤ちゃんに難聴・白内障・心臓病などの先天性障害を起こすので、こちらにも十分な注意が必要です。 麻疹と風疹は、いずれも発疹を伴う病気で、患者の中心が20歳代~40歳代と共通しており、紛らわしいのですが(医師でも鑑別の難しい時があります)、麻疹の特徴は、発熱が二峰性(一旦解熱した状態が半日~一日続いた後に2回目の発熱があり、その時に全身の発疹が出現)であることです。風疹の特徴は、首や耳の後ろのリンパ節腫脹が先行し、約3日後に発熱と発疹が同時に生じることです。MRワクチンまたはそれぞれの単独ワクチンを2回接種していれば発症しないかごく軽症で済むとされています。 いずれも感染力が強く、医療機関としては隔離対応などの準備が必要な疾患なので、もし麻疹か風疹を疑ったら、まずは医療機関に電話して症状を伝え、受診のタイミングや注意点をご確認ください。 枚方市香里ケ丘の小児科 保坂小児クリニック
2019/02/22
(朝日新聞バーチャル甲子園から:リンクはこちら) 新潟県高野連が高校生投手の障害予防のため投球制限を導入すると発表しましたが、それに対して日本高野連が待ったをかけました。投球制限はまず高校生の肩肘を守ることが最大の目的ですが、それだけでなく、日本の野球が国際大会で成功するためにも導入すべきと考えます。...
2019/02/11
(ABCニュースから:リンクはこちら) 本日、あべのハルカスのバレンタインイベント会場の店員2人が、麻疹を発症したと報道されました。イベント会場には不特定多数の来店者がおり、今後さらに感染が広がりそうです。...
2019/02/06
(朝日新聞から:リンクはこちら)...
2019/01/21
(FNN PRIMEから:リンクはこちら)...
2018/11/04
CNN Newsから:リンクはこちら ワクチンに積極的なオーストラリアでは、WHO(世界保健機関)により風疹の根絶が宣言されました。同国ではHPVワクチンの普及により子宮頸がん根絶も視野に入っています。...

さらに表示する